2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.21 (Tue)

踊り場ふぇち

日曜日に行ってきた
バーンジョーンズ展
moblog_c6085c43.jpg


三菱美術館1号館の踊り場♪

久々のヒット
また行きたいな~(*^^*)

ランキングに参加しています。
↓ぽちってしてくれたら明日もがんばります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 50kg台)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

16:12  |  仕様  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.06.29 (Fri)

君、しにたまふことなかれ

君、しにたまふことなかれ


これを書くことで
もしかしたら、知人にこのブログがばれてしまうかもしれません。

それでも
もし、少ない読者の中に
死について考えている人がいるなら
読んで欲しいと思って残します。



同じ部署で働く30歳の男性。
私より一回りも下の、素直で真面目な男の子です。

先週、金曜日まで普通に働いて、月曜日に有給を取っていた彼。

月曜の夕方、会社に1本の電話が入りました。
警察の刑事課からの電話。

受話器を取ったのは私。

「〇〇さんは、そちらにお勤めですか?」

刑事課の刑事を名乗る方からの問い合わせ電話。
ため息交じりの、重いしゃべり方に
自分が聞いたらまずいかな~と思い、彼の直属の上司に電話を変わりました。

電話のあと、急に、総務部とあわただしく打ち合わせに入った上司。

再び鳴った電話を、またしても私が取ってしまいました。

「そちらで〇〇さんの、住所はわかりますか?」

もちろん、わかると思うけど、私からは言えないので
また上司に電話を変わってもらいました。

何かが、起きているようでした。

とてもまじめな男の子だけど
何かやらかしちゃったのかな~?
喧嘩とかしちゃったのかしら?

いくつか思い浮かびましたが
誰かに話すわけにもいかず、その日はそのまま帰宅しました。

翌日、火曜日。

いつもは私より早く出勤している彼。
今日は姿が見えません。

やっぱりなんかやっちゃったのかな~?

心配していたら、臨時朝礼をすると上司から言われて
フロアの全員が、上司のそばに集まりました。

普段は、自席で行う朝礼ですが
この日は、もっと前に詰めて、近くで話を聞くようにとの指示。

う~ん。結構なことやらかしちゃったのかしら。。。と思ったのを覚えています。


ところが、
上司の口から出てきた言葉は・・・

「〇〇君は・・・自ら命を絶ってしまいました。」

「えっ・・・・」

全員の、息をのむ声が聞こえました。
誰も、次の言葉を発することはできなかったけど
全員が心の中で「なんで?なんで?なんで?」って思っているのがわかりました。

翌日の水曜日、私はもともと有給を取っていたのですが
彼の葬儀の日程はあっという間に決まり

水曜日にお通夜
木曜日に告別式ということになりました。

私は、お通夜には間に合いそうになかったので
連日になりますが有給を取って
昨日の木曜日の告別式に参列してきました。

親族が10人くらい
会社の人間が15人くらいのお式でした。

彼には、ご両親がいて、お兄様とお姉さまがいて
みなさん、涙をこらえて、丁寧な挨拶をされていました。
見ているだけで辛かったです。

1時間強の告別式に、じっと立っていた私たちに
ちらほらと、情報が入ってきました。

実家を出て一人暮らしだった彼は
部屋ではなく、車の中に練炭を持ち込んでいたそうです。

携帯のメモリーは全て決してあり
警察で携帯の番号を調べて
電話会社から、最後に掛けた電話番号を聞き出し
そうして、掛けてきたのが私が出た電話でした。

住所もわからなかったようで
本人確認も、会社の人が行って行ったそうです。

部屋には遺書もなく
会社の机の私物は全て片づけてなくなっていました。

どうしてなのか
もう、誰も聞くことができません。

同僚の女性たちは
「ばかやろうだよ」と泣き崩れていました。
みんな、もどかしく、自分の気持ちの整理が付けられず
ただただ、「どうしてなの?」と、永遠の謎が残されました。

私は・・・
うつ病の彼の言葉を思い出していました。

「誰の前からも、消えてなくなりたいんだ。」

この世の中から
みんなの前から
消えて、自分なんていなかったことにしたいんだと。

私の彼が未遂を起こした時は
母親とお兄さんと
そして最後に私に電話を掛けてくれました。

「最後に、ちゃんとお礼が言いたかったから。」と。


〇〇君が、最後に掛けたのは会社でした。
それもきっと、当日ではないと思います。

机を整理して、練炭を買い
あのまじめな性格で、すべてをきっちり揃え

誰にも話さずに逝ってしまいました。

どんなに、辛かったことでしょう。
最後の最後に、あたまに浮かぶ人はいたのでしょうか。

どれだけ苦しかったのか
想像することもできません。

きっと、今は、辛くないところへ逝けたのだと思いたいです。

安らかに。。。逝けたのだと思いたかったです。


そして、出棺の時が近づき
葬儀屋の方たちが、お花をちぎって、お盆に載せ始めたとき
最後のお別れをするのだと気付きました。

活き活きと話していた彼を
最後の思い出にしたくて
お顔を見るのはやめようと思っていたのですが

あまりにも少ない参列者に
最後なんだから、お花で飾ってあげようと思い直し
同僚の女子全員で、棺の中をお花で飾ってあげることにしました。

そして、たくさんのお花をかかえて、棺の横に立ち
最後のお別れをしようとして彼のお顔を見たとき

息が詰まるほどの衝撃を受けました。


私は、幼いころに母を亡くしてから
何人もの親戚や知人を見送ってきました。

最後のお別れは本当に辛いけど
どの人もみんな
まるで眠っているだけのような
話しかけたら、起きてきてくれるんじゃないかという
安らかな、白いお顔をしていたものです。

そんな彼を想像していました。

でも、彼は
ほんとうに。ごめんなさい。

とても、とても、とても

怖いお顔をしていました。

表情がではありません。
表情は、ほんとうに生気のない、静かなお顔でした。

でも
黒いんです。

厚めに塗られた、濃い肌色のドーランを透かして
黒い肌が見えました。

同じく、肌色に塗られた唇の端からは、紫色がのぞいていました。

そして、鼻孔に詰められる、白い真綿は
真っ黒にくすんでいました

色白で、照れるとほんのり赤くなって笑っていた彼が
痩せ細ったアゴに、どす黒い肌色のドーランを塗られ
まるで
子供の頃に恐怖した、ミイラのような知らない人のお顔になっていました。

変わり果てた彼に、お母様が泣きすがっておられました。

その時まで
ほんとうに、彼がもういなくなったことを信じられなかった私たちは
涙が止まらなくなってしまいました。

誰もが、彼のお顔が脳裏に焼き付いて
眠れぬ夜を過ごしたそうです。


彼の願いは叶えられたのでしょうか?

「誰の前からも消えてなくなる」ことができたのでしょうか?

いいえ。
彼は誰の前からも消えることはできませんでした。

残されたご家族は、一生彼を思って、自分たちを責めるのでしょう。

ともに働いた私たちは
生涯、彼の残した謎に苦しめられるのでしょう。

誰も、彼のことを、居なかったことにはできません。

人間、そんなに都合よく忘れて生きてなんていけません。


帰りのお清めの席で
みんなで彼の思い出話をしました。

彼のこと、今日はたくさんお話しましょうと私が言ったから。

彼の思い出は、しんみりしたものではなく
明るく、楽しい思い出でいっぱいでした。

明るく楽しい彼のお話をしたあとに
言葉が出なくなってしまうことが何度もあり

みんな、それぞれが、彼の死を悼むとともに
心に大きなわだかまりを抱えることになりました。

「どうして?」

もう、永遠に、答えを教えてもらうことはできません。



今、
電話したい人はいますか?

もし、その時に、何かを伝えたい人はいますか?

伝えてください。
我慢しなくていいんです。

人は、消えることはできないんです。



何をしていても、あなたのお顔がフラッシュバックしてしまいます。

頭痛が消えず、気が付くと、あなたのことを考えてしまっている自分がいます。


さみしかったのですね。
辛かったのですね。

私には想像もつかないくらい、苦しんでいたのですね。

今、私の彼に
あなたの話をしていいのか迷っています。
彼は引きずられてしまうかもしれません。

それでも、私の彼に伝えたいです。
今、そのことを考えているあなたに伝えたいです。

あんな姿になって欲しくないです。



『君、しにたまふことなかれ』


与謝野晶子が、戦地に向かう弟に送った詩の冒頭です。

脳裏に焼き付いて離れません。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

22:14  |  仕様  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.03.31 (Sat)

【写メ】チュールギャザースカート

甲府駅到着
moblog_3fc056fa.jpg




ギャザー少ないから
チュールフレアースカートかも?

ランキングに参加しています。
↓ぽちってしてくれたら明日もがんばります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 50kg台)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村




ウエストはゴム(ーー;)

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

12:37  |  仕様  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.06.26 (Sun)

最近のup事情(^_^;)

週末日曜日もそろそろ終わりですね。
湿度高いのに部屋干しでしけしけなごはん家からこんばんわ

本日はお弁当でもダイエットでもなく、お詫びと事情説明のupです。

しばらく前から鍵コメをくださっていたMさん、ごめんなさい。
今日やっと内容を確認しました。

とても私のことを心配してくださっていて
本当にありがたかったです。

こんなに遅くなってしまって本当にごめんなさい。

以下、事情(言い訳)やら最近のご報告やらつらつらと書かせてもらってますので
よかったら一読していってくださいませ~<(_ _)>


~以下、言い訳

実はごはんのブログ記事は毎朝携帯からupしています。
(知ってる人は知ってるかしら?)

通勤電車での暇な30分を利用して、朝取ったお弁当写メを添付して
メール送信♪で記事upできちゃいます。

携帯upかPCpuか、見分ける方法は簡単です。

①添付の写メが文中ではなく冒頭にある
②写メが小さい(いつも同じサイズ)クリックで拡大
文字に太文字や色文字がない

だいたいこんなかんじで…
今確認してみたら1年以上ずっと携帯upっぽいな

理由はまあ、仕事中に記事upできる環境でなくなった(普通です)ためと
自宅でPCを立ち上げる機会が激減したためです。

PCを自室に置いているので立ち上げると部屋に引き籠りになってしまい
あっという間に時間が過ぎてしまうから
リビングで料理しながら、

TVやDVD観ながらできる携帯のほうが楽だからです(^_^;)

お嬢の部屋もリビングの隣なので会話も(?怒鳴り声?)よく聞こえます。

言い訳いっぱい書いてますけど
ようするに、PC立ち上げてブログ管理画面に行かないと
鍵コメが読めない状態になっています。
(いつもリコメは携帯からコメントつけてました)

これからはちゃんと管理者として最低でも週1はPCから管理するようにしますね。
ほんとにごめんなさいでした。


21:00  |  仕様  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.09 (Sun)

きゃ~

moblog_d0cb09d0.jpg



こんな大きいの貰ったの始めて~o(^-^)o


バイト行ってたから期待してなかったのですごく嬉しいです
ありがとう~(≧∇≦)


ランキングに参加しています。
↓ぽちってしてくれたら明日もがんばります♪

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 50kg台)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村


17:57  |  仕様  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT